本文へスキップ

子どもたちに豊かな自然を残してあげよう 

 活動報告 平成28年10月15日(

実施日:平成28年10月15日 第9にニャオざねまつり★☆★
 会場:コミュニティ広場
 10月15日(日)に、第9回ニャオざねまつりが、コミュニティ広場で開催されました。
今年のスローガンは、「ささえあう 心で輝け ボランティア」です。目玉企画として、熊本の震災を教訓として、いざという時にそなえるために「防災の特設ブース」が設けられ、エコネットはロケットストーブを展示。ほかの団体も展示を行いました。また、国土交通省から自然災害体験車が出展されました。
 当日は、好天に恵まれて、約3,000名の参加がありました。会場内には、「星川あおぞら市」が隣接会場には、「くま辛地場産グルメ市」も同時開催されました。参加団体は、43団体でした。エコネットは、毎年、企画委員会及び実行委員会のメンバーとして当初段階から参加いしています。ゴトーグループとして、仮設トイレ4基と給水車1台を提供しました。
 開会行事では、各団体の代表者がニャオざねがプリントされた揃いのベストとお面で整列した後、橋本実行委員長のあいさつで始まりました。ゆるキャラとしてニャオざね・ねんむちゃん・さいたまっち・エンビーほかが参加して盛り上げてくれました。
 テントコーナーでは、ニャオカフェを開きました。日中は、暑いくらいの陽気でジュースは、すぐに売り切れてしまいました。また、ピースふぁいぶるクラブと連携したイモ煮とコーヒーのセットが好評で、2万円の売り上げがありました。後藤代表も、コーヒーの抽出に汗をかいていました。
 スタンプラリーでは、協賛企業からの恵贈品が多く集まりましたが、参加者が多かったため、抽選会の賞品が午後2時頃で終了になってしまいました。
 来年は、ニャオざねまつりもいよいよ10周年を迎えます。このイベントも大きく飛躍して欲しいものです。

特定非営利活動法人
エコネットくまがや

事務局
〒360-0162
埼玉県熊谷市村岡2288

TEL 048-537-1200
FAX 048-536-3166